美肌の敵!日常的にできるストレス発散方法6つ♥

この記事は約 4 分で読めます。

日常の中でストレスを感じることは多いはず

通勤途中や仕事先、嫌いな相手、
失敗した時など。。。

ストレスから暴飲暴食に走ってしまう
女性も多いけど、しっかり正しい
ストレス発散方法を身に付けることが
大切ですよ♪

1.口角を上げて笑顔を作る

イライラして眉間にシワが寄るなど
仏頂面になっていることに気付いたら、
できるだけ口角を上げて笑顔を作ろう!

すると免疫力を高めてくれるNK細胞が活性化し、ホルモンバランスも自然と整うはず。

特にホルモン変動で気分にムラが出る生理前にはオススメ♪

心の底からではなく、
作り笑いでもNK細胞は活性化します。

笑顔の練習だと思ってやってみよう♪

 

2.可愛い動物とふれあう

猫や犬など動物とのふれあいは
心を穏やかにしてくれます。

可愛い物に触ることで
愛情ホルモンと言われるオキシトシンが
分泌され、尖っていた心を落ち着かせることができます。

また、古来、人間とともに生きてきた動物には、人の感情を察する能力があるともいわれているので、つらい気持ちを感じとって、癒やしてくれるはず。

 

3.好きな香りを見つけて嗅ぐ

気分が落ち込んだ時は
自分のお家でできる
芳香療法に是非挑戦を。

これはいわゆるアロマテラピーとは違い
あくまで自分がお気に入りの香りを嗅いで
リラックスをするだけで簡単にできます。

香りは記憶と直結していると言われていて
良い記憶と結びついた香りは
脳に心地良い感覚をもたらして
心や体を癒やしてくれます♪

 

4.声を出して笑う

大きな声を出してアハハと笑うと、
幸福感や癒やしをもたらす脳内伝達物質の
セロトニンや、βエンドルフィンが分泌されやすくなる。

なので面白いテレビ番組や、
好きな芸人のライブ映像などを観て
心の底から大笑いしてみてください。

また、見ていて思わずホッコリした
癒し系のものも効果的♪

 

5.思い切り涙を流してデトックス

David Photo Studio

David Photo Studio

涙をながすことは溜まりに溜まった
負の感情を流し去ってくれる効果があるので
ストレス解消にはうってつけの方法。

自分が「これなら泣ける」と思う映画や
ドラマ、小説などを利用して、
声を出して思いっ切りワンワンと
泣いてみてください。

鼻水と涙でグチャグチャになるくらい、
なりふり構わず泣くのがポイント♪

 

6.ものに当たる!

ストレスがかかると分泌される
コルチゾールという抗ストレスホルモンは
体を動かす発散方法により減少。

つまり破ったり壊してもいいものを用意し
思い切りぶつけてみるのが効果的!

新聞や紙を破り、
クッションを殴ったり、
ぬいぐるみを壁にぶつけたり。。。

ただし後片付けが面倒なものは
余計にイライラするので止めましょう!

 

ストレスを感じない人はいないと思います。

人によって害の大小はあるかもしれませんが一つのメリットもありません。
日常的に発散できる自分なりのストレス発散方法を身に付けておき、普段から溜め込み過ぎないように気を付けましょう♪

この記事が気に入ったらいいねしよう!

Message

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑