「会話が続かない」は6つの相づちで解決できる♪

この記事は約 3 分で読めます。

公開日: : Girls , , ,

多くの人が抱えている
会話が続かない」という悩み。

気まずい沈黙って嫌ですよね!
そうならないためにも
円滑に進める相づちは重要です。

普段何気なく使ってる相づちも
ポイントを掴むだけで悩みも解消してくれますよ♪

1.相手を肯定する相づち

gatag-00007286

「それじゃダメだよ」
と頭ごなしに否定しては、
相手は自分の存在まで否定されたような気持ちになります。

相手が自分と異なる意見であっても、
まずは「いいアイデアだね」などと、
相手を認めていることを相づちで表現して。

そのあとに「だけど・・・」
と繋げてみては?

 

2.オウム返しの相づち

「本を読むのが好きなんだ」
と言われたら
「本を読むのが好きなんだね」

とオウム返しに。

言葉が不自然になるようなら
ちょっと言葉を変えて
「読書好きなんだねー」
なんて言い換えてみよう。

同じことを言ってるけど自然な感じに。

話題をそらさずに相手をもっと話したい気分にさせます♪

 

3.距離を縮める相づち

気になる男性など距離を縮めたい相手には
相手の好きなことに

「楽しそう」
「気になる!」

などと興味を示す相づちをしよう!

 

4.目を閉じて頷く相づち

シリアスな内容の話には
小刻みな相づちを何度も打つより
目を閉じて深くゆっくり頷くと効果的♪

「うんうんうん」
「ええ、ええ」
など小刻みな相づちを頻繁に入れると
相手は話を遮られている気分に。
頷きの回数を減らし、静かに聞く!

 

5.共感を伝える相づち

「へ~」
「ふ~ん」
と一定のトーンで繰り返すだけの
相づちは「つまらないのかな?」
と相手を不安にさせてしまいます。

「その通り」
「本当!」
「言えてる」など、
共感している思いを相づちで伝えると
相手も気持ちよく話せる。

 

6.グチ話などは最小限の相づち

グチを聞く時の相づちは最小限に。
相手が気の済むまで話せる状況を作り
たまに「そうだよね」と返して。

グチの途中で「でもさ」などと
反論はしないこと。

相手の話を最後まで聞くことが
思いやりなので、
アドバイスするならその後がベスト♪

 

誰でも持っている悩み。
沈黙が怖くないと思ってるのは
空気の読めない人だけ。

悪い空気を感じられるということは
しっかり周りの空気を読めてる証拠なので、あとは会話を続けるスキルだけ♪

上手な相づちをマスターして
会話上手の好かれる大人を目指そう!

この記事が気に入ったらいいねしよう!

Message

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑