ふくらはぎの最大の敵!「つった」時の原因と対策

この記事は約 3 分で読めます。

公開日: : Beauty , , ,

急な運動でふくらはぎが
つったことはありませんか?

ふくらはぎがつることを
こむら返りと言うのですが、

実はこの症状に悩む女性は
非常に多いんです。

原因と対策を知って
事前に予防しておきましょう!

なんで、ふくらはぎは「つる」のか

ふくらはぎは、立つ・歩くなど
日常の中で多く使われる場所。

それだけ疲労しやすく、
つりやすい部分なんです。

特に女性は足に負担がかかる
ヒールの高い靴やショートボトムスに
生脚など、冷える服装が原因になることも。

筋肉が何らかの拍子で
痙攣してしまうケースがほとんど。

血液の流れが悪くなったり、
筋肉がひどく疲労していたり、
筋肉が伸び縮みするのを助けるミネラルや
ビタミンが不足した時に
起こることがわかっています。

それではその対策として
普段からできる4つの方法を
紹介していきます。

 

1.ふくらはぎとアキレス腱のストレッチ

壁に両手をつけて少し離れて立ち、
片足を少し後ろに引いて、
前の膝を軽く曲げる。

そのまま前足に軽く体重を乗せるようにして
後ろのふくらはぎとアキレス腱をゆっくり、
10秒ほど伸ばす。

左右交互に2回ずつ。

 

2.脚を高くして寝る

寝ている時につる、という悩みには
足枕がオススメ。

血液を足から上半身へとスムーズに
循環させます。

寝苦しくなければ血行促進効果のある
夜用の着圧ストッキングを利用するのも手。

 

3.バランスの良い食事

筋肉の収縮に必要なのは、
カルシウムやマグネシウム。

最近不足気味かも・・・と思ったら、
乳製品や海藻、野菜や果物を
積極的に摂りましょう!

ミネラルの働きを助ける
ビタミンB1が豊富な、
豚肉や豆類、卵も一緒に。

 

4.運動する時はイオン飲料を

スポーツをする時は
水分とミネラルをしっかり補給して。

運動時は、汗を一緒に出てしまうだけでなく
筋肉でもミネラルが代謝されています。

カルシウムやマグネシウムなどが入った、
イオン飲料をお供に。

 

普段からの習慣でも
いくらでも改善できるので
少し意識するようにしてみては
いかがでしょうか。

いざって時に
足をつってしまうと恥ずかしいですよ。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

Message

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑