元気な卵子を育てる!食事でできる妊娠しやすいカラダ作り♥

この記事は約 3 分で読めます。

女性にとって子供を生むことは
とても大事な仕事。

最近では妊活なんて言葉も
使われるようになりました。

妊娠しやすい体を作るためにも
普段の食習慣から気をつけてみましょう!

元気な卵子を育てるための食習慣

人間のカラダは、どんな食事をどのようにして食べているかで、どんなカラダになるか決まります。

卵子も例外ではなく、
卵子の成長に必要なエネルギーや
それを取り巻く環境、これら全てを
食べ物の成分や働きから摂り入れて
作られていきます。

なので、質の良い食材を
バランスよく食べることが
根本的に必要となるんです。

 

朝食習慣をつける

朝食を摂らないことで自律神経が整わず、
女性ホルモンの乱れの原因となります。

かと言っても、毎朝バタバタした時間に
料理を作るのは大変なので、
スムージーやスープなどの軽く作れるもの。

忙しい時はバナナやチーズなど
簡単に口に入れられるものでも
良いですね♪

ジンジャーを入れたハーブティーを
一緒に取るのもとてもオススメです!

 

妊娠しやすくなる食べ物

妊娠しやすい食材を食べる上で大事な事は
血液を作り血行を促進してくれたり、
生理周期を整えたりしてくれる食材選び。

古い血液が溜まると、
子宮の働きが弱まってしまい、
婦人科系の疾患を引き起こしてやすくなってしまいます。

オススメなのは
サバやカツオなどの赤身魚。
ラム・羊肉・牛肉や
トマト・人参・パプリカなどの
赤い食材です。

ホルモン力を高めてくれる
黒米や黒ゴマ、黒豆などの
黒い食材もオススメ!

人の細胞は大半がタンパク質で出来ています。
毎食しっかり摂れているか
確認するクセをつけましょう!

納豆・卵・乳製品などに
多く含まれています♪

 

適度な運動でストレスを溜めない

運動をすることで血液の循環が良くなります。
新陳代謝が高まり、体全体の機能を
向上してくれるんです♪

卵巣や子宮の機能を高めるという意味でも
適度な運動は大切なんです。

運動をすれば、ストレス発散にも繋がります。
ホルモンを分泌する脳の視床下部や脳下垂体は
ストレスに弱いです。
よって女性ホルモンの分泌を妨げてしまい、
生理不順や生殖機能の低下を引き起こす
原因となってしまうんです。

 

lgf01a201407231300

妊娠できずに悩んでいる女性は多いです。

でも日頃の生活習慣の見直しで
妊娠しやすいカラダを作ることは可能です。

自分にはまだまだ関係ないと思っている人でも、今日からしっかり自分の体と将来の子供のために改善していきましょう!

この記事が気に入ったらいいねしよう!

Comment

  1. マミー より:

    不妊に悩む女性は多いです。私も試してみます!

    • Liza より:

      By :There is also a good chance that prices and rents will fall in tandem, in tough times there are more desperate landlords and as more rentals are beeing put on the mae&2tk#8r30; It’s a gamble to say the least.The biggest risk the the rental market is that Section 8 will dry up. – Rate this comment: 0  0

Message

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑