部屋が広く見える5つの収納小ワザ☆

この記事は約 4 分で読めます。

本や雑貨、靴や服、いつの間にか
物は増え続け、部屋がパンクしてませんか?

断捨離も大事ですが、
まずは収納術を活かして、
スッキリとした広く見える部屋作りを
してみてはいかがでしょうか☆

1.玄関の収納グッズを白に統一

住まいの第一印象は玄関です。
けれど、物が多い割に収納が少ないのが
悩みの種。

その為にはまず、
靴箱や雑貨を白で統一してみましょう!

圧迫感がなく、なにより清潔な印象に。
色を変えにくいものは
白い布で覆ってしまうのも1つのテク。

 

2.アクセ用トルソーでまとめる

ヘビロテのアクセサリーは
小ぶりのトルソーでオープン収納。

普段あまり使わないものはボックス収納。
用途別に分けることで、
ごちゃごちゃしがちな小物をスッキリ
整理できます。

アクセと同じように
帽子やストールなどのファッション小物の
置き場に大ぶりトルソーを利用するのも手。

季節や気分で、
トルソーにかける小物を入れ替えれば、
インテリアとしても楽しめます。

 

3.ベンチ&チェアは最大の収納道具

テーブル代わりにもなるベンチ、
場所を取らず踏み台にもなるチェア。

どちらも使い勝手抜群なので
邪魔にならない。

ベンチはキッチンに置いて
食材や食器を並べるのも良し、
チェアは本や小物置きに活用しよう。

なんでもかんでも、つい詰め込みがちな
引き出しや棚の中と違って、
あえて見せる収納にすることで
物を置きすぎず
整頓を心掛けるクセ付けにも。

 

4.とにかく立てて省スペース化

タオル、ハリのある衣類などは、
クローゼットの中で
ハンガーに吊るすよりも、
立てて収納するのが賢い。

くるくる丸めて箱に入れれば、
シワにもならずどこにでも置けて便利。

蓋付きのものを選ぶと
サイドテーブル代わりにもなります。

何が入っているのか、
一目でわかるのも良いですよね☆

立て置き収納なら、
スッと取り出しやすいのも利点。

意外とかさばるスリッパも同様に
バスケットやカゴに立てて
収納すれば、狭い玄関でも大丈夫!

 

5.ベッドの下を有効活用

狭い部屋を占領するベッド。
デッドスペースにしては勿体無い。

これからベッドを買うなら
床高のある脚付きのものがオススメ。

ある程度の幅もあるので、
奥までたっぷり収納できます。

普段聴かないCDや写真、
捨てずに取っておいた箱などを
まとめて入れましょう!

その際旅行トランクを収納ボックス的に
活用するのもオススメ♪

トランクは湿気も防止できて一石二鳥。

 

どんなに狭い部屋でも、
収納術1つで広く見せることは可能です。

あなたの部屋にも
デッドスペースは生まれていませんか?

この記事が気に入ったらいいねしよう!

Message

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑