女性は注目!生理前の強い「食欲」を抑える5つの方法

この記事は約 3 分で読めます。

生理前はホルモンバランスが崩れていて、食欲が大きくなってしまう女性は非常に多いです。

食べたい気持ちはわかるのですが、本能のままに食べ過ぎてしまうと、気付いたらとんでもない事になっていたなんて事になりかねません。

そこで今回は生理前の強い食欲を抑える5つの方法を紹介していきます!

1.歯磨きをする

大 炮 (改変 gatag.net)

大 炮

歯磨きをして気分をスッキリさせましょう。歯を磨くことで、口がスッキリするだけでなく、歯を汚したくないという思いから自然と食べる量が減りますよ。
http://mdpr.jp/

一度歯を磨いてしまうと、再度食後に歯を磨くダルさが出てきます。
食べるという行動に移しにくくなりますよね。

スッキリという意味では、ガムを噛むのも良いかもしれません。
さわやか系のガムを噛んでリフレッシュできます。

更にガムを噛むことによって、満腹中枢が刺激されますので、食欲の減退に繋がります。

 

2.豆乳を飲む

バストアップ3

豆乳に含まれる「イソフラボン」は女性ホルモンに似た働きをするため、イライラ防止を助けてくれるのだとか。

また満腹中枢を刺激するため空腹感を満たすことができ、食べすぎを防ぐことができます。さらに便秘防止、基礎代謝を高める働きがあるので女性にとってありがたい食品なのです。

しかし、飲みすぎると女性ホルモンの働きを妨げてしまうことも。1日180ml~200mlを少しずつ飲むのがベストです。
http://mdpr.jp/

豆乳は美容食品としても今とても話題になっています。

生理前に感じるストレスから助けてくれますのでオススメですよ!

 

3.ナッツを食べる

7fd338ce-e513-4e78-a02f-fd712ff885d5_l

複数の免疫学研究では、ナッツを食べる人ほど痩せている傾向がある。
http://blog.goo.ne.jp/

アーモンドを間食として摂取すると、食欲を抑制し、食後の血糖値上昇を抑制する・・・・という報告があって、業界関係者の関心を引いている。
http://blog.goo.ne.jp/

かと言って、食べ過ぎはよくありませんので、1日数粒を意識して食べてみるといいでしょう。

 

4.香りをかぐ

lorenkerns

lorenkerns

甘いお菓子が異常に食べたくなってしまう時は、アロマオイルの香りで食べた気になりましょう。グレープフルーツの香りは気分をリフレッシュさせ、満足感を与える効果があります。

またバニラの香りは、怒りやストレスなどの気持ちを落ち着かせ、食欲を鎮めてくれる効果があると言われています。
http://mdpr.jp/

よくアロマのリラックス効果で心を落ち着かせている人がいますが、それと一緒で、食欲を満たす効果もあります。
ストレスやイライラ感からくる食欲なので、一度自分を冷静にさせるのもひとつの手です。

 

5.料理にバジル

pasta-711679_640

バジルの香りは苛立った神経を落ち着け、生理前のイライラを緩めてくれます。そして食欲と消化器官の働きを調整し、食べすぎを抑えてくれる効果があります。

バジルにはコーヒー酸が含まれていて、これには生理中の痛みを和らげる効果があるそうです。

生理前と生理中にはバジルのペーストを使ってイタリアンを楽しむのがオススメですよ。
http://mdpr.jp/

女性も大好きなパスタ。
パスタなどのイタリアンにはバジルが乗っていることが多いです。
食事をする時は、積極的にバジルの入った料理を食べてみるのもいいのかもしれません。

いかがでしたでしょうか。

女性は生理と一生付き合っていくもの。
毎回毎回苦しみながら時間が経つのを待つなんて嫌ですよね。

その時々の楽しみ方を知り、少しでも楽しみながら生活していきましょう。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

Message

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑