彼氏が「好き」って言わなくなる理由5つ

この記事は約 4 分で読めます。

公開日: : 恋愛 , , ,

女性は大好きな彼なら
「好き」ってどんどん言いたいタイプ。

でも男性はあまり好きと言わなかったり、
付き合いが長ければ減っていく傾向が。

女性からしたら不満に思っている人も多く、
今回はその5つの理由を紹介します!

1.言わなくても理解していると思ってる

男性も言葉を交わさなくても、
気持ちは伝わっていると考えてしまうパターンが多いです。

でも女性からしたら、行動も大事だけど、
言葉でしっかり欲しいというのがホンネ。

これはお互いの事を仲が良いと思い込んでいる男性ほど、多い傾向にあります。

女性からしたらしっかり言葉として
ストレートにわかる「好き」っていう
気持ちが欲しいんです。

 

2.「好き」は軽い

気持ちがあるのは間違いないけど、
「好き」の一言で言葉にしてしまうと、
軽い感じに思われてしまうのが男性の本音。

男性の言い分としては、
「好き」っていう言葉では表せない
気持ちなんだそう。

あまり好き好き言ってると、
気持ちが薄れているように感じるのが
嫌な理由なんでしょう。

 

3.一緒にいることが空気のようになってきたから

良い意味で、お互い居て当たり前の
空気のような存在になってきたから
言わなくなるパターン。

居て当たり前の存在になってくると、
好きと言って刺激を求めるよりも、
安定を重視してしまうようになるため。

恋人よりも家族に近い存在に
なった証拠でしょう。

でも女性としては、
好きな人からはいつになっても
愛の言葉は欲しいものです。

適度に言ってくれる男性の方が
女性は一緒にいて安心しますよね♪

 

4.プライドが邪魔して恥ずかしいから

単純に恥ずかしくて、正面向いて好きと言えないパターン。

付き合いたてももちろんそうですが、
歳の差があったりすると、
変なプライドから言い難くなってしまうこともあるようです。

歳上だからしっかりしなきゃいけない
という気持ちがあるのと同時に、
好きということを伝えたい気持ちとの
葛藤があるのかもしれません。

一度あなたから好きかどうか聞いてみても
良いかもしれませんね。

そうすれば彼からも言いやすい雰囲気に
なるので、良いかもしれません!

 

5.あなたが押し過ぎている

単純に男性側よりも
あなたの好き好き度が圧倒的に強く、
彼に「好き」と言う隙間を与えていない可能性もあります。

彼のことを大好きなのは良いことですが、
いつもいつも大好きだと、
彼の方もうっとうしく感じてしまったり、
気持ちの熱が冷めてしまう
可能性があります。

たまにはじっと彼の動きを
待ってみても良いかもしれません。

普段から言っているのに
突然来なくなると、
彼も気になって、今まで見られなかった
彼の表情を見ることも
出来るかもしれませんよ♥

 

女性にとって、どんなに長く一緒にいても
「好き」という言葉はいつまでも
言ってほしい言葉。

でも男性と女性とでは
根本的に考えが違うので、
男性からしたら
理解できないこともあります。

どうしても言ってくれない彼には
直接気持ちをぶつけてみても
良いかもしれません♪

この記事が気に入ったらいいねしよう!

Message

  • Sorry. No data so far.

PAGE TOP ↑